緑とメダカ

主に日々の思ったこと、ファッション、ガジェット、旅行などを中心として発信していきます。

風邪は体が治します。薬局や病院で買って使用している薬は、実は風邪を治すのを遅くしていた!

風邪が流行る季節です。

風邪薬で風邪は治すことはできません。

ぼく風邪ひいても風邪薬を飲むことはしません。
だって風邪薬を飲んでも風邪は治るどころか治るのも遅くなるからです。

 


「お前何言ってんだ?」

と思われるかもしれないんですが実際そうなんですよ。はい。
風邪は薬を飲んでも治りません。
世の中に出回っている全ての風邪薬が同じく風邪を治すことができないのです。

「風邪薬飲んで咳止まったぞ!」

「パッケージの裏見たら咳止めとか書いてあるし!」

「どう説明するんだよ!」

そう思われている方もいるかと思います。

でもそれ、咳止めの薬です。

風邪のウイルスを殺す薬ではなく風邪をひいて咳が出る行為を止めるだけの咳止めの薬なんです。


じゃー風邪はなんで治るの?体が治すのです。

風邪はウイルスが体内に入って風邪をひきます。

症状として
・咳き込んだり
・鼻水が出たり
・高熱が出たりと


でもこの症状って実は人間の体が自発的にやってるんですよ。
風邪のウイルスが体内に入ってくると、体はウイルスを体の外に出そうとしています。

・咳き込む→これは体が必死にウイルスを体外に出そうと脳が指令を出して口からウイルスを飛ばしているんです。
・鼻水が出る→体内に入っているウイルスを体内から水を出して外に出してくれています。
・高熱→体内に入っているウイルスを体の温度を上げウイルスを殺そうとしています。

風邪をひいて出る症状は、ぼくたちの体が治そうと必死に頑張ってくれていた行為なんですね。

では、なんで風邪薬は存在するの?簡単です。儲かるんですよ。

風邪はほとんどの方がかかったことがある病気だと思います。生まれて今まで風邪を引いた事がないという人は先進国ではほとんどいないんじゃないかと。どこかの民族とかには存在するかもしれませんが。

薬局での売れ筋の薬でも風邪薬でしたらベスト5には間違い無く入るでしょ。
冬場の流行時ではNo.1かな?

そんな世の中に普及した病気に製薬会社、薬販売店は

「あー、風邪引いたの?風邪は体が治すんで薬は飲む必要ないですよ、以上」

なんて言ってたら商売になりません。

咳が出れば、咳止めの薬あるよ。
鼻水が出れば、これ飲んどきなっ!
高熱出れば、あぶないあぶないこれ飲んでゆっくり寝ちゃいな!

それ全ての薬が体の足を引っ張っています。。。

そう、ここまで一般的な病気にもしっかり対応出来るよう薬を作らないと儲からないじゃないですか。しかも風邪は誰でもひくドル箱です。風邪に薬はいらないとか口が裂けても言えません。


風邪のウイルスを殺す薬を作ればノーベル賞

「じゃー製薬会社が風邪のウイルスを殺す薬を作ったらボロ儲けなんじゃ?」

そう作る事が出来ればですね。。。

でもそれが存在していない事からも分かる通り、作る事が出来ないんです。難しくて。
作る事が出来ればノーベル賞ですよ。
でも製薬会社には是非作ってもらいたいですね。


まとめ

風邪をひく時はだいたい体の抵抗力が落ちてる時です。
睡眠時間が短かったり、体に負担をかけている時です。
なので風邪をひいた時は無理をしないように睡眠をしっかりとって体を休ませてあげましょう。

それが風邪をひいた時に治す一番の近道です。風邪薬を飲むことではありません。

でも風邪薬飲んで自分の体をイジメたいドMなあなたは薬局へ、レッツゴー!

これが風邪薬の真実です。
そんな話を聞いて風邪薬を買うあなたは


まだ風邪薬で消耗してるの?