読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

緑とメダカ

主に日々の思ったこと、ファッション、ガジェット、旅行などを中心として発信していきます。

felisiの歴史、レザー、ナイロンのこだわりまとめ。オロビアンコとは比較にならないフェリージのバッグ、財布アイテム

f:id:fujidayo:20160916160914j:plain

フェリージのアイテムは長年愛用していて、今も昔と変わらずとてもフェリージが好きです。

ナイロン製のバッグで有名なフェリージですが部分的に使用されたレザーもとても品質が良いことはあまり知られていない。

 

同じナイロン素材をベースにしたアイテムを展開しているorobiancoとも比較される事が多いんですよね。
orobiancoと比較するとfelisiの製品は価格が高いこともあり
「フェリージは高すぎる、ナイロンバッグであの値段は正直どうなの?」
と、思っている方も多いみたいで(僕もフェリージを愛用する前はそうでした…)  値段が高いナイロンBagブランドというイメージも少なからずあるみたいです。  
あとフェリージを知ってる人でオロビアンコを知らない人はほとんどいないと周りを見ていて思うんですが、オロビアンコを持ってる人や知ってる人はフェリージを知らないもんなんだなと感じる事が多く、実際知らない人も多いです。
オロビアンコはバッグだけではなく時計や文房具、最近は洋服まで幅広く商品展開してるので知る機会も多いんでしょう。
そんな訳でフェリージを知らない人にもフェリージの良さを知ってもらえればと、もちろんフェリージ好きな方も楽しんで見ていただける内容になっています。
 

ブランド誕生は1973年。趣味で始めた革製のアクセサリーが始まり

f:id:fujidayo:20160916161954j:plain

1973年、フェリージは、歴史と芸術の小都市、イタリアのフェラーラで創業しました。
伝統工芸の馬具制作に魅了され、独自の革製品を作るという大きな情熱のもと、フェラーラ旧市街の歴史ある一画に、手作りの革工房をオープン。
そこで、趣味のように作っていた革製のアクセサリーが、友人や家族の間で評判を呼び、フェリージという名前を付けて売り出しました。
これがフェリージブランドの、スタートです。
フェリージの個性的な製品は、質の高さやデザインのオリジナリティによって、多くのファンを集めます。
そして、ブランドが軌道に乗りはじめ生産ラインの柱となる初のメンバーを結集。
高い技術力と洞察力により、フェリージはファッション・アクセサリー業界で独自の存在感を持ち始めました。
 

小さな街から世界へ

f:id:fujidayo:20160916162032j:plain

そして、小さな革工房からスタートしたフェリージは、国内はもとより海外からも高い評価を得るブランドへと、成長していくのです。
1996年には、ドメニコ・ベルトラーニが、デザイナーに就任。彼の創造力と経験は、これまでの伝統的なスタイルをベースに上質で洗練されたデザインをもたらし、ブランドはさらなる飛躍を遂げます。
こうしたフェリージのもの作りへの情熱は、常に高いレベルを求めるファンの支持を得て世界にイタリアンスタイルを広めるブランドとしての地位が確立されていきます。
しかし、どの時代にも愛され親から子に受け継がれるようなもの作りをする、フェリージのアイデンティティは、ブランドが成長した今も創業当時と変わらず守られています。
小さな街の若者の"趣味のもの作り"が商品として成功し多くの人に愛され、ひとつのブランドを確立させる。このような来歴を持つブランドは、世界的に見ても極めてめずらしいものです。
そしてこのフェリージの遺伝子は、その紋章として刻印され、今日も世界にひろがり続けています。
 
 

フェリージが生まれた小さな街「フェラーラ」

 
エミリヤ=ロマーニャ州フェラーラ県の県都でイタリアのミラノから南東に約250kmに位置してます。
14世紀にエステ家により整備された街でもありルネッサンス期にフェラーラ派と言われる画家たちの芸術が盛んで文化の中心地の1つとして繁栄している。

市街地は9km以上の長い市壁に囲まれエステ家のエステンセ城を中心に今も残っており1995年には世界遺産に登録され芸術が色濃く残る街です。
日本で知られるイタリアの街としては有名な街ではありませんが歴史ある綺麗な街ですね。 
フェリージ好きとしてはいつか行きたい。 

 

素材へのこだわり。 

f:id:fujidayo:20160916162200j:plain

革は作られる工程によって大きく分けて樹木のタンニンで鞣されるレザーと、クローム鉱石を使って鞣される革がありクローム鞣しは短時間で大量に安く製造できる。現在流通している革の80%はクローム鞣しのレザーと言われています。 


クローム鞣しの特徴

  • 科学的な製法で顔料が革にのり、革についている傷を隠すことができる。
  • 傷を隠せるので使える革の面積が広くコストを抑える事ができる。
  • 顔料がしっかり革にのるので人工的な表情になってしまい、レザー本来の味が出にくい
  • 水や熱には強い。


タンニン鞣しの特徴

  • 植物性のタンニンで鞣される為レザー本来の表情を楽しめる。
  • 傷が隠せないナチュラルな仕上げなので使える革の面積が少なくコストが上がりやすい。
  • 使い込むほどツヤ、味が出るので経年変化を楽しめる。


それぞれ鞣し方によって特徴があるが、フェリージはフィレンツェ郊外のサンタクローチェ地区で古くから伝わるタンニンでなめされたバケッタレザーを使っている。
植物性の樹木のタンニンを使って伝統の手法で一枚一枚時間をかけて鞣されるレザーで大量生産ができない。
丁寧に作られるため高級で現在は手間がかかりすぎるためイタリアでもバケッタレザーを生産するメーカーが少なく希少性の高い革となっているそうです。
フェリージに使われているナチュラルレザーは使い込んでいくと色に深みが出てツヤがすごく出るんです。質の高いレザーを使っている事が、愛用しているとわかりますね。

 

物作りのこだわり

フェリージはイタリアのフェラーラに自社工房をもっておりファスナー等の金具以外の全てをこの場で製作しています。

ブランドによってはコストを抑える為に製品をパーツごとに分けてアジアを中心に製作を外注しています。(最近では外注だけでなく自国の工房スタッフに中国人労働者を入れて自国のスタッフを解雇していると大きく問題になっている世界的に有名なブランドもあるみたいです。)最終的に本国で縫い合わせ製品化するヨーロッパ高級ブランドも多いのが現状。それで自国の製作タグを付けて(made in Italy等)15万円、20万円とか値段付いてるんで、この自社工房で金具以外の製作をしているのは今ではとても珍しく物作りのこだわりがなければ出来る事ではありませんし、フェリージを実際愛用してて思うのが作りがとても丁寧な所。ステッチのラインや縫製を見てもわかるほどです。

 

1992年にフェリージのナイロンバッグが発表

フェリージの始まりは革小物やベルトでバッグも全てレザー製。そんなフェリージの代表的なバッグ、ナイロンバッグが発表されたのが1992年。
ナイロン製のバッグの特長は、シルクのような光沢となめらかさ。その光沢が上品さを醸し出しています。この科学的な繊維のナイロンにナチュラルなレザーを組み合わせることで独特の雰囲気を出し今までのイメージを大きく変えるものでした。
ナイロンはイタリアで創業200年以上の高級ナイロン老舗メーカー「リモンタ社」のナイロンを採用しており、軽量かつ高密度に織り込まれたナイロンは、とても丈夫でほぼ破けることなく高級カジュアルバッグというフェリージ独自のイメージが付き今現在に至ります。
1992年に発表した最初のナイロンモデル「Pシリーズ」は、もともと革小物やベルトを持ち運ぶためのバッグとしてフェリージで使われており、そのバッグが製品化している。

 

f:id:fujidayo:20160916160914j:plain

▲ぼくの愛用Pシリーズのmodel P4/DS です。1992年にナイロンバッグ最初のモデルに選ばれている、今もなおフェリージの代表的なモデルとして販売されています。  取り外し可能なショルダーベルトが付いていますが僕は手持ちが多い為取り外しています。荷物が少なければその分小さくなるデザインでかさばらない、しかもめちゃ軽いんで一番愛用しています。

 

f:id:fujidayo:20160916160955j:plain

▲このPシリーズはとてもシンプルなデザインでインナーにポケットは付いていなくアウトポケットの1つのみ。ボストンバッグと言われていますがP4/DSは少し小さいミニボストンなので普段使いもできるサイズですね。

 

f:id:fujidayo:20160916160728j:plain

▲正面グリップ付け根にフェリージの刻印が押されている。

 felisiはイタリア生まれ日本育ち

 イタリアで展開されているフェリージの直営店はフェラーラ店と2015年にオープンしたミラノ店の2店舗のみ。
それに比べ日本での直営店の展開は2016年9月現在で14店舗、FC店で5店舗ありイタリアより日本での店舗数が圧倒的に多い。

日本での輸入代理店は株式会社FIGO(2005年にユナイテッドアローズの完全子会社)が持っており、この株式会社FIGOが1987年にフェリージと輸入契約を結んで日本にフェリージが入ってくるきっかけとなっている。
のちに1997年にフェリージブランドのアジア主要国独占契約を結んでいるのでアジアで扱うフェリージは全てFIGO社を通さないと扱うことができない。
こういった経緯を辿っているのでfelisiは、日本人が企画しているBAGブランド。等言われることがあるみたいですが商品はイタリアでイタリア人のスタッフが作成している事は間違いないですね。ただ日本の売上げが高い分、日本での意見、希望は多く取り入れられると思いますが。最近はイタリアのfelisi社が発信しているInstagram、facebookページもあり、felisi japanと比べると雰囲気も少し違って商品を見せるというよりもイメージを中心とした見せ方をしていますね。ナイロンアイテムよりレザーベースのアイテムが多いように感じます。
全世界の売上は日本に直営店が集中している分9割近くは日本の売上でもおかしくないでしょう。
まさにfelisiは、イタリア生まれ日本育ちのブランド。
 

FELISI好きな僕がオススメするモデル

ここで一部商品ご紹介。フェリージは公式オンラインショップがありますが、実はAmazonにもフェリージ輸入代理店FIGOが正式に卸して販売している商品が出品されています。
AmazonではAmazonポイントが付いたりと、公式オンラインショップで買うよりかなりお得で(公式オンラインショップは定価販売のみでセールも無い)輸入代理店FIGOの保証書もちゃんと付いていますので、直営店に持っていくと保証も受けることが出来るしメンテナンスは毎回回数に制限なく無料で受けつけてもらえる。インターネットで購入するなら迷う事なくAmazon一択。安心して購入する事ができる。
あとAmazonで買うときも注意が必要。amazonに直接卸されたフェリージ商品は「公式」という文字が含まれている。

「正規販売店」という文字が入っているものはFIGO社が取引先に卸した商品になるので配送代を取られたり、返品が出来ないこともあるようなので注意してください。
「公式」「正規販売店」などの文字が入ってない物も出品されているので販売店等は必ず確認しましょう。
amazonが販売しているのはプライム商品になっているので安心できるし確実です。

 

ビジネスバッグのおすすめ5つモデルを記事でまとめていますので是非参考にしてください。 

www.kfuji.com

 

model.8637/2/DS   

言わずと知れたフェリージのブリーフバッグ。発売して以降全く人気は衰えず常にフェリージのブリーフバッグの代表的な位置付けのモデルです。ナイロンとレザー部分のバランスがとても良く、見た目も抜群にカッコイイ。バッグの中はペン挿しや小物入れも充実していてシンプルながら使いやすいデザイン。グリップに付いたネームホルダーがまたクラシックな印象を引き出してますね。 
[フェリージ] Felisi 公式 ビジネスバッグ8637/2/DS 122-89-0001 045000 (BLUE)

[フェリージ] Felisi 公式 ビジネスバッグ8637/2/DS 122-89-0001 045000 (BLUE)

 

 

model.12/39/DS
5年くらい前に発表された機能性が増したブリーフバッグ。8637/2/DSには付いていなかったインナー中央に間仕切りポケットを備えた2室構造のビジネスバッグで間口はサイドまで開くWジップ式。底部は底板入りで、型崩れしにくく底鋲が付いているので安定感がある。仕切りが付いているので書類等を分けたい人には便利なモデルですね。フェリージのアイテムはシンプルなモデルが特徴ですが、このモデルもシンプルで長く使用したいビジネスマンにオススメ。

 

model.9236/DS 

ヘルメットバッグがモチーフのトートバッグ。底部分に付いているスナップボタンを外すとマチが広がり大きな荷物も入れることが出来ます。デザインは男女兼用で使うことが出来、書類入れのブリーフまでカチッとスタイリングを決めたくない人や、女性のお仕事用バッグなんかにバッチリです。このバッグ、前面に付いた2つのポケットが大きく、本を入れたり、手帳を入れたり、ペットボトルも入るので凄く使いやすいんですよね。
[フェリージ] Felisi 公式 トートバッグ9236/DS 112-89-0001 041000 (BLACK)

[フェリージ] Felisi 公式 トートバッグ9236/DS 112-89-0001 041000 (BLACK)

 

 

 model.125/SA 

ファスナー開閉式のロングウォレット。中はファスナー付きのコインポケットを中央に、左右それぞれ6枚のカード収納があり合計12枚の収納スペース。このモデルサイズは少し大き目ですが通帳、パスポートも入るのでとても便利なんですよ。スタイリッシュな印象ながら、充実の収納力があるのでオススメ。
[フェリージ] Felisi 公式 ウォレット125/SA 124-89-0008 009000 (ORANGE)

[フェリージ] Felisi 公式 ウォレット125/SA 124-89-0008 009000 (ORANGE)

 

 

model.3005/SA
フェリージの代表的なモデルのロングウォレット。丸みを帯びたフォルムから名前は可愛いですが 「コロコロ」という愛称で長年親しまれているモデル。中は大容量で仕切りがいっぱいでなんとその数5つ。自分なりの収納が出来て自由度が高いデザイン。コインポケットのファスナーに付けられたレザー製のフリンジ飾りがデザインのアクセントになっていますね。ウォレットを留めるスナップボタンは2段階に調節でき、中身の入れ具合によって留め箇所を変えられる。とにかくカードが多い方にはすごくオススメのモデルです。 
[フェリージ] Felisi 公式 ウォレット3005/SA 124-89-0006 005000 (BLUE)

[フェリージ] Felisi 公式 ウォレット3005/SA 124-89-0006 005000 (BLUE)

 

 

model.P4/DS   P3/DS
上でも紹介したミニボストンとボストンバッグ。とにかく軽量でシンプルすぎるくらいシンプルな構造ですが、それがまた使いやすさが抜群に良く折りたたみも出来て収納にも困らない。付属のレザーケースには間口を留める錠と鍵が2セットずつ付いている。  
[フェリージ] Felisi 公式 ラゲージP4/DS 118-89-0001 045000 (BLUE)

[フェリージ] Felisi 公式 ラゲージP4/DS 118-89-0001 045000 (BLUE)

 

 

 大きいサイズのP3/DS

[フェリージ] Felisi 公式 ラゲージP3/DS 118-89-0002 045000 (BLUE)

[フェリージ] Felisi 公式 ラゲージP3/DS 118-89-0002 045000 (BLUE)

 

 

ここで紹介したアイテムはフェリージ好きではマストアイテムでどれも人気が高く、長く販売されているので実績があるモデル。初めてのフェリージ購入では、間違いなく満足してもらえるアイテムだと思います。
 
世の中は物で溢れ、ファッションブランドなんて数え切れないほどありますが本当に価値がある物はほんの一握りでしょう。趣味や好みは人それぞれですがここまで読んでいただいたらFELISIに対する知識が増えて頂けたかと思います。